独自の自動診断プログラム

情報セキュリティの重要さは十分に理解しているものの、その費用は小さくありません。
しかも、情報セキュリティには社員も関わらずをえなく、企業の負担は大きく膨らみます。
しかも、これらの費用は直接利益に繋がりません。
ところがもし、情報セキュリティの費用をカットしてしまうと、途端に情報漏洩、ひいては膨大な損害賠償と、お客様からの大切な信用を失う恐怖に悩まされる毎日が繰り返されます。

ベルウクリエイティブでは、この永遠に続く負のスパイラルを”独自の自動診断プログラム”で裁ち切ります。
この自動プログラムは、ハーカーの視線、ハッカーの思考、ハッカーのテクニックを徹底的に分析して制作され、ハッカーの手法であたかも本当に攻撃されているのと同様に仮想攻撃を行うことで、セキュリティ対策に隠された穴を発見します。

□ 独自の攻撃プログラムでセキュリティの穴を診断

いつ、どこから攻撃を受けるかわからないハッカーの攻撃。
この中でも、システムは日々更新を重ね、ネットワークに利用される技術も、ネットワークそのものもまた日々あたら引く変化しています。

例えばインターネットの環境でも、いままで情報を送受信するルール、つまりプロトコルは「IPv4」と呼ばれる32ビットでしたが、最近では「IPv6」と呼ばれる128ビットのものが一般化されてきました。
この両者の処理要領の違いは、億に対して澗(かん)といわれる聞き覚えのないほど天文学的とも取れる単位ほどの差があります。
あるいは、今話題となっている4G5Gの違いも同様で、過去を天文学的な数値で上回る新技術の場合、当然過去の安全対策は無意味と化してしまいます。
こうなると、セキュリティ費用も労務も無限ループへと陥り、経営を圧迫し続けてしまいます。

これらの連鎖を断ち切るため、私たちベルウクリエイティブでは、セキュリティ管理のオリジナル自動プログラムを開発しています。

ホワイトとブラックの違いはあれど、同じハッカーだからこそわかるハッカーの思考パターンと攻撃メカニズム。
理論だけで無く、実際にブラックハッカーが使用するのと同様の攻撃手法により、何処に穴があるのか、どれほどの時間で、どのくらいの被害が予想されるのかをシミュレートして、診断と改善を行います。
これらは、遠隔操作でネットワークを診断するものから、隔離されたサーバ内においてオペレーションシステムに内在する驚異や脆弱性を診断しすることにはじまり、プログラムをもすべて自動でセキュリティを実行します。