ネットワークセキュリティ診断
アドバンスサービス

 

従来のネットワーク脆弱性診断や、Webアプリケーション脆弱性診断では検出が困難なミドルウェアサービス・インストールアプリケーションの脆弱性を合わせて検出します。

Javaを稼働させるために使用される、昨今のApache StrutsやApache Tomcatでは重大な脆弱性が報告されております。この脆弱性は、悪意のある第三者に情報を読み取られてしまう可能性があります。しかし、従来の脆弱性診断では検出が困難です。

このように、従来の診断では検出が困難な脆弱性がApache StrutsやApahe Tomcat以外にもWebアプリケーション、OS、ミドルウェアに存在しています。

そこで、ベルウクリエイティブは『ネットワークセキュリティ診断アドバンス』に加え、弊社独自の診断ツール『SPM(セキュア・パッケージ・マネジメント)』を開発し、より網羅的な診断を可能にしました。

内容

『ネットワークセキュリティ診断アドバンスサービス』とは、セキュリティエンジニアが攻撃者の視点で対象システムのOSやミドルウェアのサービスまたはWebアプリケーションサービスに内在する情報セキュリティ上の欠陥(既知脆弱性)を診断します。

ベルウクリエイティブでは、弊社独自の診断ツールSPM(セキュア・パッケージ・マネージメント)を用いてシステムにインストールされているパッケージに内在する脆弱性を洗い出します。

さらに通常の診断では検出が困難なシステムにインストールされているパッケージに脆弱性が存在するか、最新パッケージが利用されているか弊社独自の診断ツールSPM(セキュア・パッケージ・マネージメント)を用いてより網羅的に診断することが可能です。

 

特徴

従来の脆弱性診断(ネットワーク、Webアプリケーション)に加え、検出が困難なミドルウェアサービス(インストールパッケージ)に対して診断を実施します。これにより、ネットワーク経由で検出が困難な脆弱性も洗い出します。

診断環境
  • IPv4/IPv6
  • インターネット
  • 内部ネットワーク
  • IP-VPN など

 

主な対象システム
  • 各種サーバ(データベース,DNS,Mail,Webなど)
  • Linux
  • Windows Server2012、2016
  • VM環境の場合ゲストOS毎に実施します。

 

主なスキャン項目

レポートイメージ

サービスフロー

CONTACT

お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

03-6206-2066

受付:月曜日から金曜日 9:00~18:00 ※祝祭日除く